肌の乾燥を予防する紫外線対策

 

肌が荒れて乾燥しているために体を起こしています。最低限保護してくれるクリームをいっぱい愛用すると良いでしょう。乾いた肌をそのままにするのはしない方がいいです。肌をきれいにするためには、顔を洗う必要がありますが、洗顔を必要以上にすると、かえって肌を傷つけてしまいます。そう考えても、朝は洗顔を行わないか、ほんの少し行うようにするのが良いです。
肌荒れの時に化粧することは、迷いますよね。メイク用品の注意書きにも肌が正常でないときは使わないでくださいと書いてあるものです。とはいえ、紫外線に対する予防だけはしておくことが重要です。化粧下地や粉おしろいといったものを軽く塗っておく方が良いです。なるべく紫外線を受けない生活を送りたいものです。
肌荒れが酷くなってしまい、自分でのケアのやり方が分からない際には、皮膚科の病院に行って相談した方がよいです。肌荒れ用の保湿剤やビタミン剤等を場合によって処方してくれます。後、早寝早起きによって質の高い睡眠を多めにとるようにして、ビタミンCやミネラルを多く含む食物を摂ることが大事です。
ニキビとは皮脂が毛穴を詰まらせて、炎症が出ていることをさしています。乾燥肌の人の場合は皮脂が少ないことから毛穴を詰まらせることはないようなイメージを持ちがちですが、現実は違います。皮脂の分泌量が、あまりにも少ないと肌は乾燥することを防ぐために皮脂をたくさん分泌します。その結果として、毛穴が目詰まりを起こしてしまってニキビができるというケースが少なくありません。
乾燥肌の人は、毛穴が小さくかつ硬いので、少しの量の皮脂によってもすぐに炎症が発生します。これはオイリー肌と同じくニキビができやすい状況なのです。さらに肌の防御システムの機能が低下しているので外部刺激に敏感で、肌荒れが発生しやすい状況でもあります。出来るだけニキビや肌トラブルを未然に防ぐためにも、まずは乾燥肌を改善することが望まれます。
スキンケアをしないと、何がおきるかというと、多くの人は肌が衰えていくことを想像するのではないかと思いますが、実際はまったく別で肌は強くなります。化粧品を使用することは肌にダメージを与えるので、それを無しにしてワセリンだけを使用するのが最も肌に良いスキンケアだと言えます。
1日に何回顔を洗うのがベストなのかお知りでしょうか。朝1回、夜1回の計2回が正解です。これより多くの回数の洗顔をすることは肌を弱くしてしまう原因です。すればするほどその分肌にいいわけではなく、2回を限度とするのがきれいな肌へと繋がっていくのです。
外見で最も気になる部分は顔だという人が圧倒的に多数派を占めるでしょう。その大切な顔の大切なお手入れは洗顔がベースです。顔に付いた汚れや多すぎる皮脂を洗い流す所からお手入れが開始するからです。洗顔の時どう泡立てるかが大切です。必ず泡立てネットで根気よくモコモコになるよう泡立てて泡を使って顔全体を洗います。
私の母が顔を朝洗う場合、洗顔フォーム類は使用しません。母は石鹸や洗顔フォームを使わずに水だけで顔を洗う人です。母によると、石鹸や洗顔フォームで顔を洗うと、せっかくの皮脂成分が全部落ちてしまってお肌にとっていいことではないから水だけでじゅうぶんと、石鹸いらない説をよく言います。そんな母のお肌は65歳でもつるつるしています。
美しい肌の秘訣をハッキリというと、肌の水分量をいかに保つかというのがあります。水分がたくさんあれば生まれたての赤ちゃんのようなモチモチとした肌になります。水分は気を付けていないとすぐに乾燥してしまいます。化粧水で肌を思い切り潤したら、潤沢な馬油クリームで膜を作るのが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。