ホルモンの過剰な分泌がニキビの原因?

 

白く化膿したニキビを見つけると、中身を絞り出してしまいます。中からニキビの種が飛び出してくるのが止められないんです。ただ、五回に一回はつぶしても失敗して根っこが残り、どうしても中身を出そうとした結果、ニキビが治っても肌に跡が残ってしまうのです。ニキビ跡を見て、肌に悪い事をしてしまったと反省するのですがまたニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出してしまうのです。
ニキビというのは、若い子たちが使う言葉で、20歳以上の大人はニキビという言葉は使わないなんて言う人もいます。ちょっと前に、珍しく鼻の頭に大きな吹き出物ができたので、主人に、「ニキビができたの」と話すと、笑いながら、「その歳じゃもうニキビなんて言わないよ」と、からかわれました。
ニキビになるわけは、ホルモンの過剰な分泌なのではと言われています。その結果、成長期にニキビになることが多いのです。ニキビが出来ない心掛けはたくさんあります。たくさんの中の一つが、規則正しい睡眠時間です。健康的な生活は、これが大きな要素となります。
ニキビ防止に効く飲み物は、耳にしたことがありません。でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌荒れになる事があるので、控えるようにした方がよいのです。ニキビと肌荒れは別のものですが、肌のために良くない事をすると、ニキビを作る原因にも繋がりやすいのです。
肌荒れとニキビが結びついていることもあるんですね。ニキビはホルモンの均衡の乱れが主な原因なので、思春期に生じやすいです。しかし、思春期をすぎてもできる可能性があり、その時には大人ニキビとか吹き出物と命名されてます。この大人ニキビの要因の一つが肌荒れですから、生活習慣には注意が必須です。
実際、ニキビがおでこにできてしまうと、なんとしても前髪で隠したくなります。しかしながら、それはニキビを悪化させかねない行為ともなりますので、極力前髪で隠すといったことはせずに毛髪がニキビに直接触れないようにとにかく刺激を与えないようにしておく事が大切なことです。
ニキビを予防したり、出来たニキビを正しく改善させるには、正しい食生活を摂取することが大切です。特に野菜を多く摂っていくことは大変重要なことだと思います。野菜にはビタミンやミネラルが多く含まれていますから、それらを頭に入れて食べていくのが理想となります。
ニキビは誰もが素早く解消させたいものです。素早くニキビを治すためにも、ニキビには触れないことが大事です。雑菌が付いて汚い手で軽はずみに触れてしまうと、ニキビの悪化に繋がりますし、触りすぎてしまうと肌に傷をつけてしまいます。
肌のつやを保ちつつ、汚れをとることが、ニキビケアの必須条件。特に大人ニキビのケースは、主要因が乾燥だとされているため、洗顔は皮脂を取り除きすぎてはいけません。それをかなえてくれるのが、牛乳石鹸です。ミルクバターをまぜあわせた牛乳石鹸なら、肌に潤いキープで汚れを落とせるので、有効なニキビケアなのです。
ニキビ予防で気をつける事は、菌が住み着かない環境を生み出すことです。ファンデーションのパフに汚れが付着したままでいる、枕を不潔にしている、手で直接肌に触れるといったことは、雑菌を塗ってしまっているようなものです。常に清潔にいれるように意識していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。